• 住まいの悩みはペイントスタイルへ!まずは無料調査診断から
  • LINEで相談

Youtubeチャンネル

プロが教える外壁塗装の「塗り替えタイミング」と「ベストシーズン」|所沢市・世田谷区で外壁塗装なら「ペイントスタイル」。現地調査・劣化診断無料!

塗装のタイミング

  • HOME
  • 塗装のタイミング

Painting timing

外壁はいつ塗り替えるのが正解?
塗装のタイミングとは

外壁はいつ塗り替えるのが正解?塗装のタイミングとは

家の塗り替えは、「塗り替えのタイミング」や「シーズン」が重要です。
こちらでは、埼玉県所沢市を拠点に世田谷区をはじめ東京都内でも外壁塗装を行う「ペイントスタイル」が、外壁塗装のプロの視点から、家の塗り替えが必要な理由や症状別に見る塗り替えのタイミング、外壁塗装のベストシーズンについて紹介いたします。

外壁塗装でこんなお悩みはありませんか?

  • なぜ家の塗り替えが必要なの?
  • 塗り替えが必要なのか、自分ではわからない
  • 「外壁塗装はまだするな」と言われるものの、いつなら良いのかわからない
  • 外壁塗装は、どのシーズンにするのが良いの?
  • 塗り替え時期の目安はある?

外壁塗装を考えている方のなかには、塗装のタイミングについてさまざまなお悩みを抱えている方がいると思います。定期的なメンテナンスが必要だとわかっていても、明確な理由が見出せず、躊躇している方も多いのではないでしょうか。

そこでこちらでは、外壁塗装が必要な理由について、丁寧に解説していきます。

そもそもなぜ家の塗り替えが必要なの?

そもそもなぜ家の塗り替えが必要なの?

「外壁塗装は見栄えのためだから、必要ないのでは?」と思っている方も多いかもしれません。しかし、外壁塗装は見た目以外にも家を守る重要な役割を果たしています。場合によっては、補修費を抑えたり資産価値を保てたりなど、嬉しい効果が期待できるのです。
外壁塗装をする理由としては、主に以下の4つが挙げられます。

住まいを長持ちさせるため

住まいを長持ちさせるため

紫外線や雨風など過酷な自然環境から住人を守ってくれる外壁は、日々ダメージを受けており、メンテナンスの有無で寿命が変わってきます。汚れや傷みはそんな外壁の劣化のサインでもあり、定期的に塗り替えることでお住まいを長持ちさせることができるのです。

・新築時のキレイさを取り戻す・住まいのイメージチェンジをするため

新築時のキレイさを取り戻す・住まいのイメージチェンジをするため

外壁塗装は、雨風や紫外線にさらされ徐々に劣化や色あせが進んだ外壁を、新築時のようにキレイな外観に生まれ変わらせることができます。また、家の雰囲気を変えたい場合にも最適で、壁の色を変えるだけでお住まいの印象をガラッと変えられます。

住まいの資産価値を守るため

住まいの資産価値を守るため

外壁塗装は、雨風や紫外線などの影響で経年劣化してしまう外壁を守り、建物の資産価値が下がるのを防ぐのにも役立ちます。将来「家を売却したい」と考えている方は、高額で売却するためにも外壁塗装で建物を守っておくのがおすすめです。

症状で見る、塗り替えのタイミング

外壁の劣化が気になるものの、「塗装が必要な症状を知りたい」「外壁塗装を行うタイミングを知りたい」という方もいるのではないでしょうか。そこでここでは、症状別に見る「劣化のサイン」と「外壁塗装を行うべきタイミング」について紹介していきます。

外壁の色あせ

外壁の色あせ

劣化の進行度は低いですが、外壁塗膜の劣化が始まっている状態です。
早急な対応は必要ありませんが、塗り替えを検討し始めても良いタイミングです。

チョーキング

チョーキング

外壁を触った際に、白い粉が手につくのが「チョーキング現象」と呼ばれるものです。
劣化が進んでいるため、外壁のひび割れやカビが発生するおそれがあります。
早めの塗り替えが必要です。

塗膜の浮き・はがれ

塗膜の浮き・はがれ

劣化の進行度が高い状態です。
塗膜が浮いていたり、はがれていたりする場合、放置しておくと外壁内部に雨水が侵入するおそれがあります。
ひび割れを起こす前に、早めに塗装する必要があります。

ひび割れ

ひび割れ

ひび割れの度合いにもよりますが、劣化の進行度が高い状態です。
ひび割れは、「クラック」と呼ばれており、幅が0.3mm以下、深さ4mm以下のものをヘアークラックといいます。
ヘアークラックの場合には早急な対応は必要ありませんが、放置することでひどくなる可能性があり、注意が必要です。

雨漏り

雨漏り

劣化が深刻な状態です。
外壁だけでなく、建物の構造自体が劣化していることも考えられるため、早急な対応が必要になります。
より深刻になる前に、塗装業者に連絡しましょう。

シーリング材の塗膜剥がれ・割れ

シーリング材の塗膜剥がれ・割れ

劣化の進行度が高い状態です。
サイディングボードの継ぎ目やサッシ周りなどのシーリング材が劣化している場合は、目地部分からの雨水の侵入を防ぐ対応が必要になります。

外壁塗装のベストシーズンとは

外壁塗装のベストシーズンとは

外壁塗装を考えている方から「外壁を塗り替えるなら、季節はいつが良いの?」といった声をいただくことがありますが、外壁塗装のベストシーズンは春と秋です。

塗料の品質向上により、外壁塗装はオールシーズンできるようになりました。しかし、気温が5℃以下であったり塗装面の温度が高すぎたりすると、うまく塗装ができない場合があります。また塗装は温度や湿度だけでなく、雨や雪にも影響されるため、冬や梅雨時、真夏は避けられる傾向にあるのです。

ただ、ご依頼が夏や冬になってしまったからといって心配する必要はありません。一定の気温と湿度で、雨や雪が降っていなければ塗装は可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

塗り替え時期? と思ったら。
丁寧・的確な外壁調査が強みのペイントスタイルへ!

塗り替え時期? と思ったら。丁寧・的確な外壁調査が強みのペイントスタイルへ!

「お客様第一」がモットーのペイントスタイルでは、現地調査に力を入れております。ご相談いただいた箇所はもちろん、ほかにも見落としがないよう代表と専務の2名体制でで的確かつ丁寧に調査を行っていきますので、ご安心ください。
また、現地調査および劣化診断は、ご契約前に無料で行います。不安の残らないよう細部までしっかりと見させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

  • 外壁塗装は必要なの?
  • 家の耐震状況が気になる…
  • リフォームのことも相談したい!

ペイントスタイルなら
できます!

住まいのことなら
ペイントスタイル
ご相談ください