シーリング・外壁補修

■雨水が浸入しにくい建物へ

シーリングとは、サッシなどの建具とコンクリートの接合部分や、外壁材同士のつなぎ目に用いられるゴム状の素材。
弾力性が強く、防水性抜群のシーリングは、建物の揺れを吸収したり、建物内部に水が浸入しにくくするといった重要な役割があります。

そんなシーリングも太陽の紫外線や雨風の影響を受け、縮んだりひび割れたりと経年劣化は避けられない部分。
シーリングの寿命は、環境にもよりますが5年~10年ほど。
劣化状態を放っておくと雨漏りの原因になりますので、縮みやひび割れが見受けられる場合お早めにご連絡ください。

定期的な打ち替えや増し打ちで、建物の健康を長く維持しましょう!

 

■シーリング工事の種類

●増し打ち
既存のシールの上に新たなシール材を充填します。
劣化症状が軽度の場合にはこちらで対応することが可能です。

●打ち替え
劣化症状がひどい場合は既存のシールを取り除き、新たにシール材を充填します。
増し打ちに比べて高くつきますが、後々のメンテナンス費を考えると打ち替えをオススメします。

 

■ こんな症状が見られたら打ち替えをしましょう

●ひび割れ
シーリングにひび割れや亀裂が走っている状態。
紫外線の影響による経年劣化が主な原因です。
小さなひび割れでも見逃さないように注意しましょう。

●やせ・剥がれ
シーリングがやせ細っている状態。
症状が進行するとサイディングから剥離してしまっているケースも…。
この状態を見つけたらお早めにシーリング工事をご依頼ください。

●ベタつき・汚染
「シーリングがべたつく。」
「変色して黒くなっている」
これはブリード汚染という現象。
可塑剤の入っていないシーリングに打ち替えることで解決できます。

【電話】080-6635-1642(代表直通) 0429-07-8809(事務所)
【受付時間】8:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】所沢市を中心に、埼玉県・東京都

一覧ページに戻る